日本では狂犬病予防法により、飼い主さんに毎年接種が義務付けられている狂犬病予防接種です。現在日本では狂犬病は発生していないのになんで毎年する必要があるの?と疑問に思われる方も多いかと思います。

狂犬病予防法は、人を狂犬病から守るための法律ですが、『法律で決められた飼主の義務だから』という理由でなく、『大切なワンちゃんを守るために必要』な予防接種なのです。

病原体は狂犬病ウイルス、犬からの感染がほとんどなので『狂犬病』と呼ばれていますが、猫・キツネ・アライグマ・スカンク・コウモリ・牛・馬などすべての哺乳類に感染します。感染動物に噛まれることにより唾液や血液中にウイルスが分泌され感染します。人→人には感染しません。

通常噛まれてから平均1-2か月で発症し、人も動物も発症すると100%死亡します。
動物の場合、発熱・頭痛・食欲不振など風邪様の症状から始まり、知覚過敏・錯覚・幻覚性・飲水時の筋肉の痙攣などがおき、最終的には痙攣・麻痺による呼吸停止で死に至ります。人の場合は、動物と同様の症状を経て最終的にウイルス性脳炎で死に至ります。

狂犬病を発症してからの治療法はありません。感染動物に噛まれてからすぐに狂犬病ワクチンを数回接種することで発症を防ぐことができます。もし海外で感染動物に噛まれたら、まず傷口を石鹸と水でよく洗い、出来るだけ早く病院に行くことが大切です。
日本で犬が人を噛んだ場合、その犬が狂犬病に感染しているかどうかを判断する必要があります。最寄りの保健所に連絡してください。

1956年までは日本でも毎年発生していました。1950年に狂犬病予防法が制定され飼い主さんに予防接種が義務付けられ、野良犬を捕獲し、輸入検疫が強化された結果、1957年を最後に国内では狂犬病の発生は認められていません。
しかし、1970年にネパールからの旅行者が帰国後に発病し死亡した事例があり、最近では2006年にフィリピンで犬に噛まれた日本人が帰国後死亡しています。

海外からの狂犬病ウイルス侵入を防ぐため、空港や港での動物の検疫が徹底されているため、他国から感染動物が入る危険性は低いといえます。しかし、現在色々な動物が密輸入され、検疫にかかっていない動物も多く入ってきています。また、感染してから潜伏期間が長いため、検疫合格しても国内に入ってから発症する可能性もあります。(最長数年たってから発症する場合もあります)

日本で狂犬病がなくなったのは、単に法律が制定されたからというだけでなく、当時の懸命な努力によるものです。
狂犬病に関して正しい知識を持ち、今後も狂犬病を発症させない社会を作っていくことが、飼い主さんだけでなく大切なワンちゃんを守るための義務であり、責任となります。

登録は一生に一回、予防は年に一回です。
皆様忘れずにお願いいたします)^o^(
スポンサーサイト
Secret